子育てと関係のある保険

子育てにはなにかとお金がかかるものですが、幼稚園、小学校、中学校、高校では各数十万円ずつ、私立では100万円単位のお金がかかることも珍しくありません。また、大学の場合はかかるお金がはねあがり、数百万円の費用が4年間でかかったり、1,000万円近くの出費が発生したりするケースも少なくありません。
この情報だけでゾッとする人もいるでしょうが、子どもの教育資金の確保に不安を感じるようであれば、学資保険への加入を検討することをおすすめします。貯蓄がなく、浪費癖があってお金を貯めるのが苦手な人にはとくにおすすめです。

学資保険とは生命保険の一種であり、最大の目的は教育資金の確保です。満期で受け取ることが可能な満期保険のほか、12歳、15歳、18歳など学校の入学時期などにあわせて受け取ることが可能な祝い金がある保険商品も取り扱われており、多額の出費が発生する時期の負担をカバーしてくれます。
また、教育資金の確保だけでなく、保険の契約者に万が一のことが起こった場合の保障や、子どもが病気・ケガなどをした場合の保障が用意されている保険商品も存在しています。契約者は保険料を支払うことで学資保険に加入することが可能であり、保障は充実しているほど保険料が高く設定されているというのが一般的です。

当サイトではこの学資保険にはいったいどういったメリット・デメリットがあるのか解説するとともに、保険商品のうまい選び方を解説しています。子育てをしていく家庭にとって有益な情報ですので、ぜひお役立てください。