学資保険のメリット

学校への入学のように多額の出費を余儀なくされるタイミングで保険金や給付金を受け取ることが可能であり、契約者本人である親や子どもになにかトラブルがあった場合の保障が用意されている商品があることが、学資保険の基本的なメリットです。ほかにも複数のメリットがあるため、以下の内容をチェックして把握しておくことをおすすめします。

まず、親が事故で死亡した場合や、高度の障害状態になった場合、親の収入がまったくなくなってしまい保険料の払いこみが不可能になってしまうことがあります。学資保険ではこうした状態におちいった場合、以後の保険料の払いこみが免除されます。支払いが免除されて保障がなくなるというわけではなく、はじめに契約したとおりに給付金・育英金の受け取りが可能です。

このほか、学資保険には税金に関するメリットもあります。これはなにかといいますと、学資保険で支払われる給付金に対する課税が免除されるしくみがあります。出て行ったお金と入ってきたお金の差額が50万円以下のケースでは、所得税が課税されません。具体的にはトータルで500万円の保険料を払いこみ、540万円が学資保険で入ってきた場合、所得税が発生しないという形になるわけです。